非居住者のTAX FREE購入

対象金額

一般物品は1万円以上、消耗品は5,000円以上。いずれも税抜価格なので、店頭では11,000円、5,500円を目指すことになる。なお、一店舗単位。上限は50万円(税込55万円)まで。

買うとき

パスポート(日本の入国スタンプ必須で、自動ゲートに注意)
非居住者エビデンス(ビザやレジデンスカード)

対象店舗

設備が整っている店舗だけなので、事前に要確認。無印良品やヤマダ電機などもあるが、全店ではない。事前に購入する店を決めていく必要がある。お店側では、パスポートの読み取りや、ウェブサイトへの登録で面倒くさそう。

空港の手続き

出国検査後の税関で、パスポートに貼られたレシートを剥がして提出する。提出すると言っても、箱にただ入れるのみ。パスポートの貼り付けられたレシートを剥がす必要があって、これがとても面倒になる。なので、ホチキスではなく、セロテープで貼ってもらった方がいい。また、商品はチェックされない。聞かれた場合はスーツケースに閉まったといえばOK。そもそも液体は持ち込めないし、1件1件チェックすることも運用上も不可能な数量。

注意・備忘

入国スタンプがないと免税できない。自動ゲート後にスタンプをもらうこと。また、エアラインとセットになった割引キャンペーンもあるらしい。JALチケット半券で〇%OFFなど。インバウンド情報をよく確認。また、TAX FREEは消費税免税のこと、DUTY FREEは関税免税のこと、らしい。

参考リンク

2020-01-19 / 2020-02-01 / リファレンス