MONKEY vol.5

翻訳家の柴田元幸さんによる責任編集の文芸誌「MONKEY」が発売されています。今回で5号目だそうですが、寡聞にして本屋で見かけて知りました。海外の作家をオムニバスで読ませるのも良いですが、イラストレーションが付いており、これが良いです。また、村上春樹さんが「神宮球場で作家になろうと思った」という有名なエピソードを詳細に書いたエッセイを寄稿しており、読み応えがあります。

MONKEY Vol.5 ◆ 死者の歌――イギリス・アイルランドの物語

  @Feb 23, 2015

   #Arts