運用Weekly 2020

Week30 20-22/July

N225 22,785→ 22,752 TOPIX 1,573→1,573 My Port 33,168→33,046

4連休前の3日間だけ。PFはまた続落。じっと我慢…という感じです。来週は大きく下げて始まりそうですね。はぁ。(69.7%)

Week29 13-17/July

N225 22,291→ 22,785 TOPIX 1,535→1,573 My Port 33,065→33,168

先週に引き続き、良いところがない週でした。先週書いたとおり売買を多くしましたが、焼け石に水というか、時すでに遅しというか、良いところが余りなく。インデックスは上がっていますが、当PFはヨコヨコです。
長らく持っていた帝国繊維を2,300円で売り切りました。また、アクティビスト銘柄として持っていた第一実業、日立キャピタルなど売却。押し目と信じてレーザーテックを購入。あと、IPOから時間が経ったグッドパッチを購入。グッドパッチは創業に近い時から知っており、愛着もあって買いました。平たく言うとデザイン会社ですが、デザインとビジネスのバランスが取れた稀有な着眼点と見ています。今週の予定は、プロパティDBKが下がっていますが、ここは期待度が高く、買い増したい。ユーピーアール、先週は買いませんでしたが、今週は打診買いしよかと。リートの入れ替え。物流を利確して、総合系やオフィスをNISAで買います。また来ると信じて任天堂は抱いてホールドオンミー。(66.8%)

Week28 6-10/July

N225 22,306→ 22,291 TOPIX 1,552→1,535 My Port 33,651→33,065

ドハマりした週でした。キレイなアンダーパフォームです。まず、不動産などオールドエコノミー銘柄が全面安。ゲーム関連も反落。そして、好調な半導体、サブスク関係に乗りきれない。イオンFSが減配で大幅安を直撃。挙句の果てに、引け後にオープンハウスが増資公表。まさに泣きっ面にハチです。
イオンFSも1か月前でしょうかタイミングよく買えて15%ぐらいの含み益ですが逃しました。スイングが得意ですが、調子が良くなってくると保有期間が長くなる傾向にあり、ぐっとパフォーマンスが落ちます。毎回繰り返しているので、身を引き締めて、短期に徹したいと心に誓いました。(66.6%)

Week27 29-3/Jun,July

N225 22,512→ 22,306 TOPIX 1,577→1,552 My Port 33,679→33,651

週中まで不調でしたが、金曜日に反発して、ほぼトントンで終えました。ヨコヨコ銘柄を処分。上期を牽引したジェーソンを利確。また、任天堂が反発したのと、雰囲気で買ったガンホーが二連騰してポートフォリオを牽引。四季報を見ながら、ケイアイスター不動産と西松屋を新規で買う。オフィスREITも積立のように定期的に購入していますが、不発。こちらは長い目で。
来週は買います。なんとなくですが、日本株は上げるのでは、という雰囲気を感じています。半導体と損保を買おうかな、と。(61.1%)

Week26 22-26/Jun

N225 22,479→ 22,305 TOPIX 1,583→1,577 My Port 33,152→33,679

先週は飛ばしました。一見良さそうな週ですが、自分としては不本意です。まず、任天堂の高値を逃して調整局面に入ってしまったこと。また、何より6月初旬にTLEを手仕舞いしたことがトラウマ。年初来高値です。持っていれば3ポイントはパフォーマンスが良かったはず。
さて、翌週は波乱そうですね。暴落スタンス陣が一転元気になってきた様に見えます。私は需給が良いので底値は堅いと思っていますが、どうなるか。ヨコヨコ銘柄は処分したいですね。四季報を見ながら、新規のポジションを探っていきます。(62.2%)

Week24 8-12/Jun

N225 22,864→ 22,305 TOPIX 1,612→1,571 My Port 32,801→32,687

ついに来ました、ド調整。当PFも1%ほど下落したものの、いくつか逆行高となった銘柄があったこと、6月初週に利確していたこともあり、月間・週間のパフォーマンスはインデックスを超過。久しぶりに上機嫌になりました。いや、トータルで資産減なので喜ぶところがズレているのですが。
さて、来週は堅調と見ます。この調整は押し目では、と考える気持ちが強いです。需給から見れば、金融資産しか買うものがなく、またマネーが寄せてくるのではないでしょうか。とは言うものの、買う勇気もありません。様子見なのかな。
今週はリートを買い増しました。購入銘柄の予定はないですが、アクティビスト銘柄に注目しているほか、長期保有でヨコヨコの銘柄は処分していきたいと思います。ポジション(61.8%)

Week23 1-5/Jun

N225 21,878→ 22,864 TOPIX 1,564→1,612 My Port 31,981→32,801

先週は飛ばしてしまいました。2週間前から日経平均は2,500円の上昇。当ポートも増えていますが、インンデックスには置いていかれています。売買が少なくなっており、これはよくない兆候です。今年はプラ転したのは良いのですが。
上昇局面だと少なからずお金が増えるので、ハングリーさに欠ける傾向が出ます。定量的には売買高に出ます。下げ局面の方が、お金を減らすまいとポートフォリオをよく考えるし、入れ替えるんだよな。来週はREITを少し買います。動きが少ない株を手仕舞いしますが、どう入れ替えようか、アイデアがない。ポジション(62.4%)

Week21 18-22/May

N225 20,037→ 20,338 TOPIX 1,454→1,478 My Port 31,055→31,730

大きく反転。二番底が来る、という意見が少なくなりました。強気派が増えたような。実体経済とかけ離れていますが、典型的な金融相場に見えます。
ほぼ売買なし。エスティックを買おうと思っていたら、意味不明のストップ高してしまい、メンタルが死にそうになりました。インデックスには追い付きましたが、個別銘柄は2か月で70~100%ぐらい増加している銘柄もちらほら。保有していた銘柄でもBASEやフリーなど売り時が早すぎたものがあり、手放しで喜べません。来週は年初来をトントンに戻せるはず。あとは、REITが戻れば。オフィスはアンダーバリューと見ています。
来週はモメンタムのある中小株を物色。割安な金融株の仕込み時期を検討。具体的には東京海上とイオンFSをチェック。ポジション(74.8%)
【買】東エレ
【売】ファナック、マネックス

Week20 11-15/May

N225 20,179→ 20,037 TOPIX 1,458→1,454 My Port 31,123→31,055

週半ばに大きく崩れました。水曜日にグッと伸ばせたのですが、木曜日に急落。すわ二番底かと思い、少し売却。そして、金曜日に戻すという典型的やられパターン。来週は、ド短期の個別銘柄をいくつか物色します。任天堂はホールド。その他の短期は入れ替えのために売却します。どこかで鉄道銘柄を買おうと思います。運賃値上げがあるか、と思います。 ポジション(73.7%)

【買】リクルート、カッシーナ、ジェーソン
【売】アドテスト、東エレ、SBI、NESIC、マネックス

Week19 7-8/May

N225 19,619→ 20,179 TOPIX 1,431 →1,458 My Port 30,770→31,123

GW明け、2営業日だけの週です。7日はGW明けで歴史的な値動きの少なさだったそうですね。閑散に売りなしを地で行く展開だったのか、8日は急騰して日経平均は2万円台を回復。2番底が来る、という世間の風評を真逆で行く展開になっています。GW前にポジションを増やしたことが奏功して、大きくギャップアップしたのですが、決算ガチャに賭けてしまった任天堂を外しました。任天堂は戻すと思うのでホールドします。今週は週中にかけて少しポジションを落とすか、入れ替えるかしようかと思います。あと、REITを少しだけ買うつもりです。そのほか、あまり投資アイデアが湧きません。ポジション(79.8%)
【買】任天堂 45330
【売】なし

Week18 27-1/Apr, May

N225 19,262 → 19,619 TOPIX 1,421 →1,431 My Port 30,669→30,770

書き起こすのも気が重い週でした。まず、先週金曜日の手仕舞いが誤りで、週明けから木曜日にかけて大きく上昇。月曜日は慌ててポジションを戻しつつ、週中にかけて腐っていたインカムを処分しました。振り返れば木曜日が天井だったのですが、売れず、GW持越しのポジションを作ってしまいました。なんども思っていることですが、書いておきましょう。全面高の日は利確して、翌日に買い直すこと。ポジション(64.6%)
【買】 サーバーワークス 16090, ファナック 16420, インフォコム 2516, SBIホールディングス 1884, マネックスグループ 213, NECネッツエスアイ 4720, アドバンテスト 4990, 東京エレクトロン 21685, 松井証券 775
【売】 日産 350, 帝国繊維 2216

Week17 20-24/Apr

N225  19,897 → 19,262 TOPIX  1,443 →1,421 My Port  30,723→30,669

冴えない週でした。 ロングホールド中のREITがやや回復したものの、トレードでやや損失を出して、微減となりました。流石にGW前に持ち越す度胸はなく、短期は手じまい。GW前のショートが入っているはずですが、その割には、強いなという印象です。GW中の薄商いで動く日もあるかも知れません。引き続き、テーマ株の短期でいこうと思います。さて、次第に2020年3月期の開示が始まり、コロナウイルスの影響が数値化されてきました。5月半ばに下がるという話もちらほら。大陸側では某将軍が危篤との噂もあり、ぐっとリスクオフになる可能性もあります。まったく読めない相場です。予想せず、ただフォローを。ポジション(47.1%)
【買】 ビリングシステム(952) メルカリ (2642) ネットマーケティング(685) 石川製作所 (1616) GLP投資法人 (122,690) クックパッド(314) 住友金属鉱山 (2482)任天堂(46680) SMC (48170)
【売】 カカクコム (2,261) ビリングシステム ( 921 ) インターネットイニシアティブ (3,765) クックパッド (335) 住友金属鉱山 (2510) 任天堂 (46790) SBIホールディングス (1774) 日本KFCホールディングス (2620) SMC (48040) ネットマーケティング(666) 信越化学工業(11160) 石川製作所 (1640) メルカリ (2542)

Week16 13-17/Apr

N225  19,499→ 19,897 TOPIX 1,430 →1,443 My Port  30,221 →30,723

続伸の週となりました。日経は週で2%の上昇。大型の値嵩株が上がった週でした。グローバルマクロの主導ということですが、よくわかりません。相場はコロナウイルスの収束を織り込み始めたと理解するのだと思いますが。とにかくポジションを落とさないことに気を付け、利確してもすぐに次のポジションを取るとようにした週でした。テレワークの方がパフォーマンスいいですね。しかし、今回のような騒動を見ると、専業なんて怖くてできません。来週のポジションですが、GW長期休暇前です。売りますよね。この状況下、持ち越す意味がありません。売るんだろうな、という週ですね。週末はREITを研究。少し買おうかなと思います。分配金のキャッシュフローを計算すると楽しくなりますね。
【買】インターネットイニシアティブ(3625)SMC(48690)ピーシーデポコーポレーション(484)カカクコム(2164)インフォマート(714) 信越化学工業(11660)レーザーテック(6020) 任天堂 (46730) SBIホールディングス (1474)
【売】 フリー (3485) SMC(50360)任天堂(46810)

Week15 6-10/Apr

N225  18,917→19,499 TOPIX  1,403→1,430 My Port  29,360→30,221

強力な一週間でした。ほぼインデックス並みとなりました。REITが足を引っ張っているので、日本株で見れば、良くできました、という週ですね。年初来も戻してきており、好調です。ただ、先行きは見えません。コロナが落ち着けば、このまま資産バブルに突入しそうな楽観があります。しかし、実態経済との差に不穏な空気もあります。ここが特に気になる。リーマンショックは、クレジットの人たちが死にましたが、実需の人たちは気にもしなかった人たちもいました。今回のコロナは逆かも知れない。クレジットの人たちは、全体最適のもとに救済され、実需の人たちは資本主義の原則に従って死んでいこうとしています。いずれ、倫理的に間違っている、という政治問題になるのではないか。政治的な波及が来るのでは、と感じます。まあしかし、個人の人生、財産は大事です。粛々とマーケットに乗っていきたいと思いますが。
【買】 BASE(1096) 任天堂 (42700) NEXTFUNDS日経平均ダブルインバース・インデックス (1202) ニイタカ (2665) 日本KFCホールディングス (2416) チェンジ (2689) イー・ガーディアン(1580) フリー (2961)
【売】 BASE (1247)ダイフク(6910)ニプロ(1172)任天堂(44410)ニイタカ(2785) イー・ガーディアン(1616)ローツェ(3420) 日本電気
(4035)ポジション(49.1%)

Week14 30-3/Mar, Apr

N225  19,389→18,917 TOPIX  1,459→1,403 My Port  29,120→29,360

久しぶりに心に来る一週間でした。3月末に向けたリバランスからか好調だった週前半から一転、4月1日以降の反落はインデックスに大きく負け越しました。REITの軟調のほか、3月後半に中途半端なロングがうまくいった気の緩みから、雑なトレードで傷を広げた感じ。でも、いまやるべきことを理解しています。この上げ下げで振り落とされないことですね。精神的に、です。メンタルを保って、投げやりになることなくチャンスを待ち続けること、ポジションを取り続けることが大事です。長期戦になるかもしれませんが、よく食べ、よく泳ぎ、よく寝て、体力をキープし続けましょう。なんだか精神的になりましたね。やられてる証拠かもしれません。笑
【買】 さくらインターネット(462) ニプロ (1,326) NEXTFUNDS日経平均ダブルインバース・インデックス連動 (1,248) 日本電気 (3,990) ダイフク(6,620) みらかホールディングス (2,201)
【売】さくらインターネット(470) ニプロ (1,123) NEXTFUNDS日経平均ダブルインバース・インデックス連動 (1,308.2) ポジション(50.5%)

Week13 23-27/Mar

N225 16,553→19,389 TOPIX 1,283→1,459 My Port 27,468→29,120

大きく反発した一週間でした。アンワインドが続いているのか、日本株は銘柄毎の差が大きく、また信用不安からSBGの株価が乱高下したこともあり、インデックスはよくわからない感じに。N225は週間17%の上昇。マイPFは6%。そこそこ上手に出来たと思いましたが、こうして数字を見ると当然ですが嬉しくありませんね。REITや債券が劣後しました。著名なトレーダーは下げ相場で誕生することも多いそうですが、その理由が体感できる週でした。短期は弱気目線。コロナウイルスは想定以上にネガティブで、やはりどう考えても、いまの株価が織り込んでいるとは思えない。しかし、マーケットは、ぼくが考えているより一回り早いのですからね。今後もアップダウンが続くのかと思いますが、過度に恐れることなく、このような短期的なリバウンドを果敢に取っていきたいと思います。
【買】NECネッツエスアイ(3,390)オープンハウス(1,970)国際石油開発帝石(596.6)ダブルインバース・インデックス連動(1202.8)
【売】ライオン(2,248) NECネッツエスアイ (3,445) オープンハウス (2200,2211) 国際石油開発帝石(596.9) 日経平均レバレッジ・インデックス連動型(13950,13790) ポジション(46.3%)

Week12 16-20/Mar

N225 17,431→16,553 TOPIX  1,262→1,283 My Port  26,682→27,468

嵐の中の一息というところ。ファンドの解約によるロング・ショートのアンワインドが起こっているという話で、日本株は銘柄によって値動きが大きく異なる展開という一週間。私のPFは逆行高になる銘柄が多く、つまりファンド陣からショートされてたということなんですが、時価総額は多少回復。N225は、SBGが叩き売られている影響でTOPIXと乖離が大きいですね。金融緩和とイノベーションが相互作用してバブルが生まれるわけですが、その象徴だったSBGがついに破裂するのかな、と固唾を飲んで見守っています。そんな堅調だったPFの足を大きく引っ張った輩がいます、REITです。東証REIT指数は3/16の約1,600から木曜日は1,145まで急落。金曜日は圧巻の一言でした5%単位で目まぐるしく値が変わっていく。板が薄く、値がぽんぽん変わっていくんです。地銀のロスカットだそうですね。私はリーマンショックも経験していますが、当時はそこまでポジションも大きくなく、実感を持てなかった。当時はもっと安い値段を付けたようですが、流石に流動性が違う。ホテルはまだしも、レジ・物流・オフィスは明らかにミスバリュエーションと思います。特にオフィス。次週も買っていこうと思います。少しづつ、つま先からゆっくりと。
【買】ライオン(1,898)任天堂(31,600)GLP投資法人 投資証券(110,200, 90,800)サムティ・レジデンシャル(76,500)サンケイリアルエステート投資法人(67,800, 75,600)Oneリート(172,500)
【売】任天堂(35,700)オープンハウス(1,889)
ポジション(45.1%)

Week11 9-13/Mar

N225 20,750→17,431 TOPIX 1,417→1,262 My Port 29,613→ 26,682

言葉にできないですが、振り返ったときに教訓になるので、今週の出来事を記録しておきましょう。N225は1週間で3,319円の下落。1週間の下げ幅は歴代最高なんでしょうか。私もYHから17%のドローダウン。リスク管理の大切さ、16,932回目ですが、思い知りました。13日金曜日は、13日の金曜日だったんですね、恐怖に支配されて損切しました。前回の損切は2月28日です。これが底がどうかわかりませんが、少なくとも、前回よりは安値で切ったことになります。最初の損切がベストの損切。毎回のことです。また、リバウンドを取り逃すことが怖く、値嵩株を持ち越して損切を繰り返してしまいました。これで2%は落としてますね。これも暴落時に毎回やっています。なかなか教訓から学べません。今回、良かったことは半分以上キャッシュだったこと。個人的には2018年の暴落の方が精神的なダメージが大きく、今回のコロナショックは比較的冷静に見ています。今週は打診買いをして、来週にロングのポジションを取る予定です。ここからの一段下げに恐怖しつつも、今回はリバウンドを取り逃すと、取り返しがつかなくなる気がしますから。さて、どうなることやら。
【買】任天堂100(36,320)任天堂100(36,240)任天堂100(35,160)
【売】任天堂100(34,560) 任天堂100 (36,350) 任天堂100 (32,540)ミライト・ホールディングス(1,211)GCA(558)インフォマート(484)エコナックホールディングス(74)クイック(934)アーレスティ(306)アイネット(1,024)
ポジション(41.2%)

Week10 2-6/Mar

N225 21,143→20,750 TOPIX 1,510 →1,417 My Port  29,809→ 29,613

3月に入りました。週初めのリバウンドを若干取ったものの、6日金曜日の反落で前週割れへ。Indexは越えましたが、そうゆう問題ではありません。機関投資家ではないので、僕の1円は1円なんです。3月6日現在の状況をメモしておくと、コロナウイルスはアメリカとヨーロッパ、イタリア発ドイツ、フランス経由でスペインやイギリスに広がっています。移動の制限がないEUの弱点が露呈しているわけですね。問題は、コロナウイルスそのものではなく、未知がもたらす恐怖です。特効薬の開発など、収束への「希望」が見えないと、落ち着いていく想像ができません。それかまったく他の話題でも良いのですが。
日経平均レバレッジ・インデックス連動型50買(17,860)→売(18,140)任天堂買(36,500)→売(37,080)→買(37,150)→売(37,970)帝国繊維100買(1,846)来週はゲーム株を中心に短期ポジションを少し取る予定です。翌々週からリバランスの準備買いを始めます。(ポジション49.3%)

Week9 24-28/Feb

N225 23,387→21,143 TOPIX 1,674 →1,510 My Port 31,702→ 29,809

恐怖の一週間だった。N225は週間で2,200円を超える下落。コロナの影響は織り込んでいないなと思って、インバースも仕込んでいたものの、早すぎたかなと思って先週決済したところ…今週でした。金融緩和で兵站が伸び切ったところへ疫病。三国志ですね。いま織り込んでいる恐怖がどうなるか、まったくわからない。帝国繊維200追加(2,054,2,015)上場インデックスファンド新興国債券2追加(47,700,48,100)日経平均レバレッジ・インデックス連動型50新規(20,380)任天堂100新規(38,890)GLP投資法人1追加(144,600)野村不動産ホールディングス売(2,375)オープンハウス売(2,703)クイック売(1,231)任天堂売(36,870)日経平均レバレッジ・インデックス連動型売(18,150) 来週は少しリバウンドするのではと思うが、客観的にポジションを取りたい。 (ポジション49.2%)

Week8 17-21/Feb

N225 23,686 →23,387 TOPIX 1,703 →1,674 My Port 31,840 →31,702

キツイ一週間。コロナの影響はまだこれからだと思うが、米株があまりに強い。NT倍率が大きく、Tよりの当ポートへの影響が大きかった。オープンハウスの決算が良かったこと以外、良いところがなかったな。これまで良かった人材系は潮目の変化を感じる。内需ICTでポジションが無いのが悔やまれるのと、コロナ銘柄を抑えて置かなかったこと、反省が残る。インフォマート200追加(760,719)、帝国繊維300追加(2,254,2,382,2,165)オープンハウス200売却(3,300)、日経DI800売却(897)、日経DI100新規(887) よくわからないので来週はあまりトレードをせず、今後のポートフォリオを考えたい。動かしてもDIぐらいかな。(ポジション53.7%)

Week7 10-14/Feb

N225 23,828 →23,686 TOPIX 1,732 →1,703 My Port 32,129 →31,840

反落した一週間だった。先週の大幅反発を維持できず。内需セクターが軒並み微妙で、先週の上げをコツコツ落としていく鬱な展開(泣)冷静に考えれば、コロナで内需ショート、外需ロングという状況なんだろうね。1,563回目ぐらいですが、利確の大切さを再確認しました。さて、そんなこともあり、がちゃがちゃトレードしてしまった1週間でした。上場外債1追加(48,250)、日本郵政100新規(1,020)、オープンハウス100売却(3,020)。インフォマート200新規(890)、帝国繊維100追加(2,439)、野村不動産HD新規100(2,808)、日経DI400新規(861)。野村不動産は資本移動の可能性を感じて通年で勝負することに決めた。帝国繊維は資産バリューとセクター追い風で通年スパンに切り替える。インフォマートは打診したが決算で爆死、様子見。オープンハウスは好決算で段階的に売却する。日本郵政はやや買い増しインカムで長期保有。日経DIは来週400買増す。(ポジション53.7%)

Week6 3-7/Feb

N225 23,205→23,828 TOPIX 1,684→1,732 My Port 31,725→32,129

大幅反転。先週末の予想が大きく外れ、日本から大きく反発してスタート。週中はショートカバーもあり、N225は600円を超える上昇。コロナによる事業活動停止を肌身で感じており理解できず。影響はこれから顕在化と見て、ポジションを少し落とす。メルカリ300株売却(2,226)、もう少し積み増したかったよ…惜しいけど、ま、いいか。オープンハウス100株売却(3,132)、開示前にもう少し落とす。来週は様子見か、インバースを少し買うか。今年度のインカムを買うタイミングも要検討。(ポジション51.2%)

Week5 27-31/Jan

N225 23,827→23,205 TOPIX 1,730→1,684 My Port 31,993→31,725

下落。コロナなのか、業績回復が想定より遅いのか、その両方か。真実はだれにもわからないのだが、金曜日の米株が大幅下落しているので、来週の方が厳しい相場になりそう。ポートフォリオがディフィンブなこともあって、TOPIXは▲2.1%だが、当ポートは▲0.3%で凌いだ。とにかく守りが大切。今年は投資余力が大きいので、長期目線で少しづつ買っていきたい。メルカリを100株追加(1,916)、 上場インデックスファンド新興国債券1株追加(47,800)、急落したインヴィンシブル1株追加(55,000)した。(ポジション53.8%)

Week4 20-24/Jan

N225 24,041→23,827 TOPIX 1,735→1,730 My Port 31,942→31,993

ほぼ動かず。水曜日だったかな。コロナウイルスの反動でディフェンシブ銘柄に資金が入り、俺のターンだ!とはしゃいだのも束の間、週末を目指して振り出しに戻った。クソ株界のレジェンド、エコナックを1,000株新規(146)。体感、サウナブームは息が長い。すでに織り込んでいる気配はあるけど、様子見。アイネット、100株新規(1,586)これは前から欲しかったDC銘柄で配当も良く、監視の意味で買い。最後にメルカリ、200株新規(1,900)。ご存知、ド赤字Origamiを買収し、次はメルペイを譲渡するだろうし、なにかあるだろうと。下がれば買い増し、上がったら追わない。(ポジション53.2%)

Week3 12-18/Jan

N225 23,851→24,041 TOPIX 1,735→1,735 My Port 31,909→31,942

微減。とにかくパッとしない週だった。年明けから軟調なので、昨年より損益を気にしてしまって良くない。帝国繊維が上げ下げが大きいので300株追加(2,205, 2,341, 2,217)、また、大きく下げたオープンハウスを200株追加(3,025, 3,040)帝国繊維は、気候変動による災害が増加していくし、アクティビスト銘柄、ヒューリックの大株主でもあり、長期ポジティブに見ている。オープンハウスはマンション高騰で国内戸建が受け皿になるし、未進出のエリアも多く、まだイケると考えている。レピュテーションリスクが怖い。

2020-01-15 / 2020-07-26 / 資産運用