家を購入するか、賃貸するか

まずこのテーマは徹頭徹尾「経済的」な議論だ。価値観、とか言った瞬間に終わる。ぼくだって、部屋から川が見える部屋に憧れて、多摩川沿いのヴィンテージマンションを見にいったことがあり、金を気にしなければ買ってた。しかし、残念なことに、ぼくたちの多くは老後や教育資金を考えながら生きていかざるを得ない。そこで、買うか、借りるかで迷うことになる。

結論は「購入」

端的に言えば、買うのが正しい。なぜならば、家賃が無料になることは無いが、購入すれば無料で住むどころか、家に住んだあげく、さらに儲かる可能性があるからだ。買って売ればよいのである。マーケットの近くにいない人は、イメージがわかないのか、35年ローンという言葉に縛られてしまうのか、「買ったら生涯住む」ということが議論の前提になってることが多い。

実現するのは難しい

ポイントはこれを実現するのは難しいということだろう。難しいという言葉に語弊があるかも。正確には手間暇がかかる。相場の世界には「タダ飯はない」という言葉がある。その通りで、時間が経っても値段が下がらない、ましてや上がる家を探すことは努力が必要だ。また、良い物件が見つかっても、そのような物件は買えるかわからない。新築マンションであれば抽選になることが多く、抽選に当たるための努力や強運がいる。まして中古なんて安く買って高く売ることを仕事にしてる人がいるんだから、素人が買うにはセミプロに近くなるぐらいの努力がいる。できないとは思わない。しかし、それなりに労力をかけなければ簡単にはいかないよ、ということだ。

で、お前はどうなんだ、

と言われると、偉そうなことを言っておいて、家を買ったのは35年という年数がだいぶ現実的じゃなくなってきた最近だ。住宅遍歴はどうだったのかというと、社会人になって2年間は家賃1万円の独身寮。3年目に結婚してから家賃3万円の社宅。そのまま海外赴任でしばらく家賃0円。赴任中に上記の考え方に目覚めて、新築マンションを購入した。

具体的には

ぼくが買ったのは、巷のマンションブログなどで「抽選に当たったら確実に差益が出る」と言われるタワーマンション。もちろん抽選なのだが、ぼくなりに買うための努力をたくさんし、抽選をクリアした。結果的に最高の居住投資だったが、住み替えのタイミングで再現性は低いので、恐らく数年したら、また考える必要がある。この意味でも居住投資は楽じゃない。需要側の目線、子供が生まれるから引っ越したいな、ではなくて、供給についていく、つまり良い家が出たから引っ越すというスタンスになる。だから、一生住むつもりで郊外戸建という選択肢もまったく間違っていない。資産性は低いけど、人生は資産性のために生きるものではない。ただ、住宅は大きい金額だからこそ、ここを頑張っておけば、子供を中高一貫の私立へ通わせる学費が出せるかもしれない、留学させてあげられるかも知れない、そんな考え方もあるわね。

資産形成として

さて、ぼくの家履歴を考えると、家賃0円の海外赴任ラッキーパンチは例外として、資産形成上はベストな選択だった。というのは、ぼくは社会人になってすぐ金融投資をじゃかじゃかやっていたので、家賃をさっぴいても投資元本を増やすことのリターンが大きかったからだ。仮に、社会人になってすぐにフルローンで良い不動産物件を買って、よいタイミングで売ったとしよう。そのシュミレーションより今の資産の方がデカい。不動産リターンより、株式リターンの方が大きかったということだ。つまるところ、賃貸でも購入でも、お金を気にするならば、自らリテラシーを高めて乗り越えるしかない、ということですね。誰しもが裸でジャングルにいると思わないといけない。

2020-01-14 / 2020-04-10 / Pretty Things