>

2015年2月

ステーキ!

タイトルどおりステーキを極めたい作者が、世界各地で肉を食べ、シェフや科学者においしい肉について取材し、さらには実際に牛を飼育する、というニクの本だそうです。会食が多くなると食の知識が問われますが、ワインに詳しい人が多いなか、差別化という意味でも、おニクのウンチクを押さえておきたい、という不純な動機から手に取りました。

ステーキ! – 世界一の牛肉を探す旅

  @Feb 27, 2015

   # Lifestyle


建築模型専用のミュージアムがオープン

槇文彦氏や隈研吾氏が参加する一般財団建築文化保存機構という組織が発足し、日本初となる建築模型専用のミュージアムをオープンするそうです。海外では建築模型は美術品として扱われコレクションの対象となるそうですが、日本では建築事務所による保管となり、この負担が大きいという背景があるそうです。このミュージアムは2015年夏に東品川の寺田倉庫を借りて運営が開始されるとのこと。

http://www.terrada.co.jp/ja/article/inheriting-culture-of-japanese-architecture.html

  @Feb 26, 2015

   # Arts


岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ

芦花公園にある世田谷文学館でマンガ家・岡崎京子の展覧会を開催しています。1996年の交通事故により活動を休止してからもう約20年になりますが、未だに80年〜90年代のサブカルチャーを代表するアーティストです。「リバーズ・エッジ」は衝撃的でした。展覧会では約300点の原画を始め、学生時代のイラストなどを展示。会期は3月31日までだそうです。

http://www.setabun.or.jp/exhibition/exhibition.html

  @Feb 25, 2015

   # Arts


マイリトルボックス

サプライズが詰まった「ボックス」が毎月お届けされるマイリトルボックスというサービスです。フランスで人気がある「My Litte Paris」の日本版だそうです。毎月コンセプトが決まっており、マガジン・小物・試供品などが詰まっているそう。ファッション誌の未来形という可能性を感じさせますが、3,200円というお値段もあってか、ユーザーの方のチェックは鋭そうです。

http://renren34.at.webry.info/201502/article_6.html

  @Feb 24, 2015

   # City


MONKEY vol.5

翻訳家の柴田元幸さんによる責任編集の文芸誌「MONKEY」が発売されています。今回で5号目だそうですが、寡聞にして本屋で見かけて知りました。海外の作家をオムニバスで読ませるのも良いですが、イラストレーションが付いており、これが良いです。また、村上春樹さんが「神宮球場で作家になろうと思った」という有名なエピソードを詳細に書いたエッセイを寄稿しており、読み応えがあります。

MONKEY Vol.5 ◆ 死者の歌――イギリス・アイルランドの物語

  @Feb 23, 2015

   # Arts


東北レストラン鉄道

日本でもクルーズトレインが多く見られるようになってきました。JR九州の「ななつぼし」をはじめ、JR東日本では「四季島(しきしま)」をスタートするそう。すでに昨年からは「トーホクエモーション」として3両編成の小さな食堂車を運行しています。プロデュースはトランジットジェネラルオフィス、内装はインテンショナリーズだそうです。

http://www.jreast.co.jp/tohokuemotion/index.html

  @Feb 20, 2015

   # Lifestyle


ルイジアナ近代美術館

デンマークに出張した知人がルイジアナ近代美術館に感動したと力説していました。海沿いに建てられ、自然と調和した「世界で一番美しい美術館」と言われるそうで、確かに良さそう。北欧なのに何故ルイジアナ?と疑問でしたが、これは3回も結婚した創設者のお相手が全てルイーズだったから、だそうです。ルイーズのための美術館ということですね。

http://fika10.com/Denmark/trip_dk_16.html

  @Feb 19, 2015

   # Arts


ビッグサー

カリフォルニアにあるBIG SUR(ビッグサー:スペイン語で「大きな南」という意味だそうです)は、ケルアックやブローディガンが住んだ文化・芸術の地でありながら、今もなお人口は1,000人に満たない未開の地。しかし、カリフォルニアで一番と言われる景観によって地価は高額という、ミステリアスな地域です。そして当地の名物ホテル、ポストランチインに憧れます。

http://classone.jp/feature/13.php

  @Feb 18, 2015

   # Lifestyle


赤倉観光ホテル

昭和初期にいくつか建設された高原リゾートホテルは、当時のヨーロッパへの憧れが色濃く出ていて、好きです。中でも妙高高原の赤倉観光ホテルは一度訪れてみたいところの一つ。このようなホテルは軒並みバブル後の経営不振になりましたが、赤倉はオーナーが変わってからも、設備投資を進め、評判も良さそう。高原リゾートはやはり夏ということで、今年はトライしたいと思います。

http://www.akr-hotel.com/

  @Feb 17, 2015

   # Lifestyle


カンガルーホテル

今週は「旅」をテーマにしてお送りします。
海外旅行客の増加によって雰囲気の変わりつつある街の一つが山谷です。立地の割に安い、外国から比べれば危険でもないという理由から、日雇い用の素泊まりが人気だそうです。「カンガルーホテル」は昔ながらの簡易宿泊旅館をスタイリッシュに建て替えたホテルで、今では宿泊客の6割が外国人を占めるそう。

http://kangaroohotel.jp/index.html

  @Feb 16, 2015

   # City