青のパティニール 最初の風景画家

先日、久しぶりに六本木の青山ブックセンターに寄りました。やはり面白そうな本をいくつか見つけ、中でも気になったのが本書です。ヨアヒム・パティニールは、16世紀ネーデルラントの画家だそうです。ポートレイトや宗教画が主流だった当時において、風景絵画を専門とした特殊な存在だったそうですが、作品数は10数点しかなく、生涯も不明。本書は、そんなパティニールに惹かれた著者が彼の生涯を追った研究エッセーです。

青のパティニール 最初の風景画家

  @Jan 23, 2015

   #Arts